リペアとメンテナンス

冷たくするなら初めから、優しくするなら最後まで

ギターの構造・メンテナンスに関する定評ある解説書としては、以下の2冊があります。
  @ 『ギター・マガジン メインテナンス・ブック』
  A 『エレクトリック・ギター・メカニズム』

ネックの反り

 ソリは必ず経験する。(ギター種にもよるが)よく経験する。そういうものだ。むしろ、ギターの構造を学ぶチャンスだ、と思う方がプラス思考だろう。たいてい自分で直せる。自力調整したギターには愛着もわく。

チェック方法

    @ ナット側からブリッジ側にかけて、目で指盤のソリを探す。
     ライフル銃を撃つときの片目の視線といえばわかりやすいだろう。これでソリが確認できたらかなり重傷だ(笑)。しかし、ありがたいことに、素人がこの方法でソリを確認するのは困難な場合が多い(普通はそんなにソらない)。

    A 12フレット上でハーモニクス音と実音とが完全に一致しているかどうか調べる(オクターブ・チューニング)。
     この作業は、日常メンテナンスの基本動作なので、必ず覚えるべし。購入時にオクターブ・チューニングが合っていたのに、もし現在ずれているなら、ネックがソッたのである。実音の方が低ければ「順ゾリ(ネックが弦側にソッてる)」、実音の方が高ければ「逆ゾリ(ネックが弦と逆側にソッてる)」。猫背のギターが順ゾリで、のけぞったギターが逆ゾリである。なお、1弦だけとか、1〜2弦だけが狂うことも多い(細い弦ほど張力の変化によって大きな影響を受けるためか)。

直し方  次の3方法を組み合わせて対処する
    @ 弦の太さ(ゲージ)を変える  最も簡単な方法で、軽度のソリならまずこれで様子をみよ。弦の太さを変えると、ネックにかかる弦の張力が変わる。この単純な原理をソリの治療に役立てるわけだ。下のABの方法と組み合わせて、だめ押しの微調整としても重要である。なお、裏返して言うと、「極太のゲージを張ること」と「弦を張らずにギターを放置すること」とは、ソリの原因となる。

    A 駒の位置を前後にずらす  駒を動かせるタイプのギター(フルアコ等)に限られるが、これは手軽である上に効果大だ。ネックの反った方向と同じ方向にブリッジを動かせばよい。つまり順ゾリならギターの尻方向へ、逆ゾリならギターの頭方向へ。

    B トラスロッドを回す  ネックには金属製の芯(トラスロッド)が通っているが、これを順ゾリの場合は締め(時計回し)、逆ゾリの場合は緩める(反時計回し)トラスロッドはネック中のカーブしたトンネルに通された長いネジであり、このネジを締めるほどカーブしたトンネルの中でネジは真っ直ぐになろうとするので、ネックのソリを調整できるって仕組みである。ただしトラスロッドは少し回すだけで効果があるので、急激に回さず、45°回せば30分ほど休憩を入れよ。あんまり締めると、トラスロッドがバキッと折れる。なお、トラスロッドを回す際、弦を緩める必要はない。また、トラスロッドを回すには、六角レンチ(右写真、様々なサイズのものがキーホルダー状のセットになったもので、1000円程度)が必要だ。ただしギターの種類によっては、異なる工具が要るかもしれないので、作業前に確認されたい。

    私の裏技  僕は弦高の低いギターが好きなので、まずBの方法で、ほんの少し逆ゾリに調整する。逆ゾリでは弦高はグンと低くなるのだ(つまりソリを利用する)。それでオクターブ・チーニングが狂ったら、主にAの方法でこれを矯正し、ダメ押しの微調整として@の方法を使う。その結果、私のフルアコはハイ・ポジションでも非常に弾きやすいのだ。
     それは偶然の賜物であった。ネックの逆ゾリを直そうと試行錯誤していて、たまたまそういう状態になって、それが気に入ったのだ。音色への影響はほとんど無かった(たぶん、笑)。今では、どんなフルアコでも自分好みに調整する自信がある。ただしあまり短期間で極端にいじるのは奨めかねる。少し調整して、物足りなかったら半年後にまた少し調整するくらいで奨めたい。気長に時間をかけてベストな状態を模索し、自慢のギターを育てて下さい。

 

ギター・アイテム一覧(インテリアにもどうぞ)
毛糸の手袋? 津軽三味線ではスライドを多用するため、滑りやすくするために、右写真のような独特の手袋(「ゆびすり」と言う)をつける。ギターでも試してみて欲しい。ジャズ・ギターではネックを握り込むことは少ないので、いまいちだが、ロック・ギターには利用価値があるかも。
メトロノーム メトロは一つ買えば一生使える。約5000円。基礎練習の必需品で効果は絶大。速いテンポで顔に汗がにじむまで頑張ろう。また本番前じゃリズム無しの練習は恐ろしい。考えぬいたソロが、いざバンドでやるとトンデモナイ速弾きだったりした経験ない?
譜面台 譜面台 (右写真) はクラシックでは必需品だが、ロック=ポップス系においても、練習・本番で譜面やメモを置くのにメチャ便利。折りたたむとトウモロコシ程度の大きさだが、少し重い...。約3000円
 だが既婚者は譜面台の管理には気を付けるべきかもしれない。例えば、我が家の場合、先日いくら探しても譜面台が見当たらない。仕方がないので諦めていたのだが、食事中にふと見ると、なんと妻が台所で、料理本を置く台にして使っていたのだ。このように家族で色々使えるので、譜面台はお薦めです。
ギター・スタンド ギターを床に寝かせたり、壁にもたれさせたりしていると、ネック反りの原因になる。床に置くタイプと、壁掛けタイプがあり、どちらでもいいが、スタンドの材質 (樹脂) によって、ギターの塗装とひっつくことがあるので注意。
爪の手入れ爪切り、サンドペーパー、透明マニキュア、瞬間接着剤 etc...
 左手の爪を切ると「さあ、練習だ」って気になるよね。Classic では右手の爪の形状はしっかり管理せよ。先日、私はボーリングをやったら爪がボロボロになってしまったぞ。爪に垢がたまるのは宿命だ。フラメンコ奏法は爪に過酷なので、多くの人はマニキュアや瞬間接着剤で爪を保護・補修するが、これは他のジャンルでも応用可能か !?
クリーニング 表面が塗装されているメイプル指盤に比べ、無塗装の指盤 (ローズウッド、エボニー) は手垢が付きやすい弦を交換するついでに指盤に黒くこびりついた手垢も落とそう。乾いた柔らかい布でこすればよい。メイプル指盤なら塗装が傷むので軽くふくだけで十分だよ 布にレモンオイル等を含ませて磨くこともあるが、木材への影響は不明。ギターポリッシュ、フィンガーイーズ等の使用も、木材への染み込み、塗装との化学反応などの懸念がある。やっぱり「乾いた柔らかい布で優しくこする」というのが、原始的ながら一番基本だ。
チューニング チューナーがないと調弦できぬ者はいわゆる「相対音感」が無い証拠。Classic でも Jazz でも弦楽器奏者は皆、基準音 (5弦開放 A=440Hz) を、音叉(おんさ、右写真)、調子笛、Pianoさんなどからもらったら、他の弦は自力で調弦するのである。音叉は1000円程度だしコンパクトなので最も手軽だろう。振動が消えぬ間に歯でくわえるか、ボディーにあてれば、5 弦「A」の音が出る。ただし硬いものを叩くと音が狂うので、手首を軽く叩くとよい オーケストラを見に行けば、演奏直前に主席ヴァイオンが「A」を鳴らし始め、全員がそれを受けて最終調弦を行う風景が見れる。ギターは「6E, 5A, 4D, 3G, 2B, 1E」の調弦が基本だが、ハードロックでは全弦を半音下げて調弦する人もいる(例: ヴァンヘイレン)。Classicでは6弦だけをDに下げた「ドロップD」も多い。またスライドバー(左写真)を使うブルース人は各種オープンチューニングを行う。例えば「オープンG」(6D, 5G, 4D, 3G, 2B, 1D)。
 


フルアコのブリッジ(駒)   フルアコの駒は自由に動くので、弦交換の時に元の位置がわからなくなることがある。駒を立てる位置は、ナットから駒までの距離の、ちょうどその中間が12フレットになるように ネックの反りによってオクターブ・チューニングに異常が生じた時はトラスロッドを回して調整するのが常套手段だが、1-2弦だけとか、5-6弦だけでオクターブ・チューニングの異常が生じることも多い。この場合、トラスロッドは役に立たたず、駒を前後・斜めにしたりしてオクターブ調整するしかない。駒の調整はいちいち弦を緩めねばならず面倒であり、根気がいる。駒を調整したら再び弦を張りオクターブ・チューニングが改善したかチェック。ダメならまた弦を緩め、また駒を動かす。この繰り返し

ナット交換による音への影響   仮にフレットの材質が音色にどう影響するか考えるために、5フレットだけを特殊な金属に変えたとする。この時、5フレを押さえれば、音質に何らかの影響は生じそうだよね。でも6-10フレで弾く限り、5フレの材質の影響はほとんどわからないはず。さて、ナットは言うまでもなく、「ゼロ・フレット」の役割を果たす。ナットの材質には牛骨、象牙、プラスチック、金属と素材は様々だが、例えば金属から牛骨に変えると音質がどう変わるかは、このフレット交換の場合と全く同じように考えてよい。ナットを変えれば、開放弦の音質に変化が生じる。だが開放弦以外の音質はほとんど変化しない。ただし、極端に重さの異なるナットに交換した場合、ネック全体が重くなったときと同様に音質全体に微妙な影響を与えるだろう ナット上で摩擦が大きいとチューニングが不安定となる。鉛筆の粉をナットに塗ると滑りは向上する。油類はホコリを集め、ネチャネチャになるので注意。ただしナット溝の切り方が悪いと根本的解決にはならぬ... ナット交換は自分で行わず、リペアマンに依頼すべし

ガリノイズ  シールドを挿入したジャックから出る「ガリガリ」という雑音(=ガリノイズ)には2つの理由がある。1つめは初心者がアンプの電源をオンにしたままシールドを抜き差しするケース。2つめはジャックないしシールドの接触部分の腐食によるケース。前者の場合、「アンプに負担がかかるので、シールドの抜き差しは、アンプの電源を切るか、アンプのマスタボリュームをゼロにしてから行うべし !」と説教すれば事足りる。後者の場合は、ジャックは消耗品、つまり何度も抜き差しすればメッキがはがれて錆が生じ、接点不良を起こす。長期間使えばガリノイズが発生しても全く不思議はない。交換すればそれで済むが、むしろ接点クリーナーで洗浄したり、ジャックを外して内部のほこりを取ったり、腐食箇所を自分で確認し磨けば、自然とジャックの構造も勉強できる。同様に、不要なシールドがあれば分解して構造を勉強しておけば長期的に金の節約になる

ペグ  親が若い頃に使っていた Classic ギターって、よくペグ (=糸巻き) が壊れてるんだよね。楽器店でペグを購入して自分で修理せよ。ペグは「テルビア」「ゴトー」「全音」等が製造しており、大きな店なら在庫してるはず。ペグには規格が何種類かあるので、今付いてるのを外して店に持って行く方がいい (さもないと店に出直さねばならないかも)。価格は銀色 (ニッケル) で1000円程度、ゴールド (材質不明) で2500円程度 バイオリン等のペグは、弦を巻く太い栓を穴につっこむだけなんだ (歯車はない)。。そこで歯車を組み合わせるタイプのペグが登場し、ギター等に採用された。E.ギターの場合、代表的な型は「クルーソン」型 (下1-2写真、細身のツマミと四角の軸箱が特徴)、「グローバー」型 (下3写真、がっしりした丸いツマミと丸い軸箱が特徴)、シャーラー社の「ロートマチック」型 (下4写真) の3つだろうか

邪魔な余韻 J.パスはギター胴体をゴムバンドで縛って弾く事がある。アンプを使わず、生音を出す時こうするようだ (R.カーターもベースの胴体を縛る事がある)。楽器の邪魔な鳴り (特に余韻) を消すためだ。フルアコなら「ブリッジ以南の弦とボディーの間」に、布 (クロス) をたたんで押込むとよい。12フレット辺りの和音の切れが格段に向上する。アンプに繋ぐなら「無駄鳴り」は無視してよいが、生音では天然リバーブのような余韻が和音を非常に曖昧にする。箱鳴りは大事だが、プラスチックや金属が響いても仕方がない。フルアコはピックアップ周辺が共鳴板でここさえよく響けばいい。他に無駄な振動が生じるのはピックガードで、J.Pass のゴムバンドはこのピックガード対策だ。ただし付属品の振動も「鳴りの一要素」とみる考え方をしてもいい。いずれにせよ付属品の振動を抑えれば、愛器の違った魅力に驚くと思う

楽器店  店員の人格的誠実さ、これに尽きる。これさえあればどんな店でも良かろう。一般に、有名楽器店は品揃え豊富だが割高で、小店舗は品揃えに乏しいが値引きが期待でき、すぐに店員と親しくなれる。どんな店で買えばいいか一概に助言するのは困難だ。楽器購入は衝動的に焦って買わず、ひと月かけても遅くはない 楽器を買いに行けば愛想が良いが、リペアの依頼に行くと嫌な顔をする。たいていの楽器屋は店内でリペアを行わず、客の楽器をメーカーに転送するだけ (もちろん手数料はとる)。可能なら楽器屋経由でなく直接メーカーのサービスセンターに送る方がよい 大きな楽器店は、メーカーや工場に太いパイプを持ち、良質ギターが納入されやすい。品揃えの少ない店の場合、客がカタログで選ぶと、製品をメーカーから取り寄せるが、この場合、工場に都合よく残っているのは「何らかの問題を持つギター (=残りモノ)」の危険あり エフェクター等の電子製品は「当たり外れ」がないので、安さだけが基準だ 各種修理は職人 (=リペアマン) が行うが、下手な職人の所に楽器が送られると悲劇 (私も経験あり)。大きな楽器店は専属の職人を有し、「店の看板」をそれなりに大事にする。一方、専属の職人を持たぬ小さな店は、客から修理の依頼があると、そのたびに他店の職人に頭を下げる弱い立場にあるケースが多い。一般に修理は大きな店に頼むべきだ、さすがに100万円以上の楽器が珍しくない Classic 界では、皆、愛機を他人に任せるのには慎重で、職人さんと直接に話をしてからリペアに出すのが普通だ 経営の不安定な楽器店は、どうしても「あこぎな商売」をする傾向ある。修理は絶対に頼まぬように。小さな店は資金繰りが切実。これを逆手にとり、12月末や3月末に「現金で買うよ」「あそこの店では2割5分引きだったよ...(嘘は言うな)」とほのめかせば、さらに値引きしてくれる (経験あり。店は半年後には倒産せり)

フレット  特にチョーキング (=ベンド) 等でフレットは必ず摩耗するが (特に弦が錆びている時は深刻)、摩耗したフレットに合わせ、再び全フレットの高さを均一にする工程を「すり合わせ」という。摩耗しすぎていればフレット交換となるが、リペア費は (フレット1本あたり) 1000-2000円が相場 フレットをいたわる基本は、弦交換のついでにフレット表面を柔らかい布で磨くこと、錆びた弦でチョーキングしないこと、の2つだ。研磨剤で腐食したフレット表面を磨く場合は、あまり徹底的に磨かぬよう、指盤を水で濡らさぬよう スキャロップ加工は、現在のようなジャンボ・フレットがなかった時代の発明。スキャロップだと速弾きできるという説があるが、タッチが軽くなるわけでないので嘘である (ただしチョーキングやプリングオフ等は確かに楽である)。スキャロップ加工は楽器屋に依頼すべし (3-4万?)。リペアマンは彫刻刀などで粗加工をしてから、仕上げにサンドペーパーを使う。スキャロップの深さは「1ミリ」で十分で、それ以上は意味がない。

低音弦を半永久的に新品の音に保つ  E.ギターの低音巻弦は汗を吸ってすぐにシケる。そこで必殺技を本邦初公開だ。金属の巻弦は鍋で煮るとなぜか新品の音に戻る。洗剤を加えて煮たこともあるが、異臭がするので勧めかねる。「Bass 弦も調子にのって煮ましたが、各弦で復活具合が異なり失敗した記憶が...(神奈川県桐谷さん)」との報告例もある。裏技はともかく、弦をいたわる基本は (1) 手を洗ってから弾く、(2) 楽器を弾き終わったら、汗や手垢をふく癖をつけること。安物弦はすぐシケるし、煮たってまたすぐシケる Classic 系弦楽器では、新しい弦をはる前に、2B位の鉛筆でナットと駒の溝にカーボンをつけるのも一般的。また、練習後に弦をゆるめるべきかどうかが、しばしば議論となるが、バイオリンやチェロの奏者で弦をゆるめる人はいない (=ネックに力の変化を加えることの回避)。ただしピアノの弦の総張力は 20t、バイオリンでおよそ 20kg、コントラバスで 140kgと言われており、楽器の寿命もこの張力によって引き起こされると言われている (特に表板の歪み)。ゆえに各弦のピッチを全体的に上げている人、太いゲージを愛用する人は注意すべし どんなメーカーの弦がよいか、どんな材質の弦がよいか、これは感受性の問題にすぎず、客観的には何も言えぬ。「新しい弦は良い音がする」というのが一応常識ではあるが、もしかするとフルアコの甘い音色が好きな人は、「新しい弦に特有の乾いた音色よりも、少し古くなった弦のマイルドな音色が好き」と言うかもしれぬ。ただし、錆 (さび) の生じた弦は、強くチョーキングした際にフレットを傷つけるぞ (笑)


▲top