英語のサイト
English

SAVOのFacebookページ
(英語)
SAVOの日常を知ることができます。









ウガンダの子どもたちと文通しませんか?
→詳しくはこちら


お問い合わせはこちら
→お問い合わせフォーム




SAVOはGochisoと提携
しています



活動内容1


孤児院「One Family Children's Home」




ニエンドの街を見下ろす丘の上に、ストリートチルドレンや孤児、極度に貧しい家庭の子ども、家庭内暴力を受けていた子どもなど、支援を必要としている子どもたちが暮らす家、「One Family Children's Home」があります。
子どもに対して食事やシャワー、ケガの手当てなど生活に必要なさまざまなサービスを行っています。

プログラム

現在、20人がホームで暮らしています。子どもたちの年齢は5〜10歳が中心です。
寮母1名がホームに常駐し、子どもたちと共に暮らしています。日常生活における世話のほか、愛情を注ぐことも、孤児院における大人の大きな役割です。子どもたちは家で虐待を受けたり、路上で暮らしていた経験を持っており、「自分は誰からも愛されていない」と感じ、心がすさんでいることが多いためです。

ホームにおける主なプログラム
 ・食事の提供
 ・生活空間の提供
 ・親業(しつけ・愛情)
 ・健康面のケア
 ・衣類等の提供
 ・カウンセリング        など

勉強の様子
みんなで遊ぶ

食事の様子
遊ぶ子どもたち


→ストリートチルドレンの家についてはこちら
教育支援


SAVOラーニングセンターで初等クラスを終えた子どもは、地域の小中学
校に進学します。現在、SAVOホームから小学校に13人、中学校に2
人、計15人が地域の学校に通っています。


また家庭で暮らしているものの、貧困や家庭の問題により学校に行けな
い子ども5人にも、SAVOが学費を支援し、学校に通わせています。


子どもたちが将来自立した大人になるためには、学校で教育を受けるこ
とが不可欠です。SAVOではすべての子どもたちが学校に行き、卒業で
きるよう、学費や教材費等の支援をしています。

子ども1人にかかる学費は年間約4万円、15人で年間60万円がかか
り、この費用の確保が大きな課題です。

そこでみなさまにお願いしたいのが「子ども教育サポーター」です。ご検討
をお願いします。


学校を卒業した子どもには、職業訓練を実施しています。子どもが職を
得て自立できるよう、それぞれの希望や個性に合わせて訓練内容を決
めています。(写真は美容技術を習得した例)



SAVOラーニングセンター

※子どもの成長にともない、現在活動を休止しています。




SAVOラーニングセンターは、支援を必要としている子どもたちに無料で教育を提供する学校が必要だという考えのもと、設立されました。そして現在、SAVOはOne Family Homeに併設し、ホームスクーリング(孤児院併設の学校)を子どもたちに開講しています。


プログラム

ウガンダ教育省のカリキュラムを踏襲した初等教育2クラス※を開講しています。2015年は、ホームで暮らす子ども9人と、家庭で暮らしているものの、極度の貧困により学校に通うことができない子ども数人、年齢でいうと3〜6歳の子どもが、このスクールで学んでいます。SAVOのホームには教師1名が常駐しています。

※小学校に行く前の子どもが基礎学力をつけるための授業。ウガンダでは半ば義務となっている。




ストリートチルドレンや孤児の保護

帰る家がなく路上で暮らしている子ども、親戚と暮らしているものの極度の貧困の中で暮らしている子ど
も(親がエイズ等の病気であったり、年老いた祖母であるために、子どもの世話が十分にできず、劣悪な
環境で暮らしている子どもなど)、家庭内で暴力を受けている子どもなど、現在の環境で暮らすことが
適切でないと考えられる子どもを保護し、SAVOのホームに引き取っています。
SAVOでは子どもをもといた家庭に返す活動も行っていますが、家庭環境が劣悪であり、子どもを返す
ことが適切でないと判断される場合も多くあります。

コンテナの下で寝ていた子どもを保護













SAVOに保護された子ども。足の指にスナノミという寄生虫が住みついてい
たため除去している。老祖母と暮らしていたが、エイズにかかっており、彼を
育てることはできなかった。目が悪いため足のスナノミを除去することもでき
なかったとのこと。

























活動内容2